mumustyls’s blog

~安住の地を探求するブログ~

世界はシンプルでピースフル

良いこと善いことよゐこ

実に美しい響きだ


この世界は確かに優しさと愛で満ちている

世界は実に美しい

そんなビューティフルな世界から目を反らさずに向き合ってみようではないか


場所は大通りから一本裏通りに入れば薄暗い湿ったごみ溜めのダーティースラム

何度もいうが世界は愛に満ちてるよ

https://www.instagram.com/p/BEJwbGutBMVwdZaJo14oI2-FJU664dLx0EbBvc0/
川沿いにあるスラム街の「立ちんぼ」エリア娼婦達と娼婦を物色する客がチラホラニューハーフだけの通りもあります。#スラム街#立ちんぼ#娼婦#川沿い#リバーサイド#riverside#ニューハーフ#チラホラ


金で買う一発限りの愛がね



通称「立ち◯ぼ」が夜な夜なぞろぞろと何人も



いゃ~実に世界は美しい


いや、自分だけは美しく有りたいという我欲で満ちているだけだね

自己陶酔という自己溺愛

愛だの恋だのも

性欲という化物が「斜めに構え」愛というむず痒い回りくどい言い訳をかましているだけだね




平静を装った(カッコつけた)欲望の化物がね



今夜はそんな「金で買う愛」で


一人の見知らぬ女の手助けをしてみた

ボランティア以上の貢献

「無償の愛」以上の「有料の疑似愛」をプレゼント




そして、週末のスラムのストリートの立ち◯ぼの数十人の女達の中から

迷いに迷って

一人の女をチョイス

どちらかというと少しでもましな女を選ぶという消去法


日本語を少し話す色白の小柄のかわいい女を選ぶ



もちろん名前も年齢も知らない

知る必要も無い

知っているのはシステムと時間と値段だけ


そこには

駆け引きもなにも要らない


必要なのはゴムと100円玉×15~16枚相当の金だけ



面倒なラインでのやり取りも待ち合わせ場所も相手の都合もいらない

一緒に食事をする必要も相手を想いながら選ぶプレゼントも要らない


面倒な駆け引きも

気のきいた冗談もいらない

趣味も

価値観も

相性も

愛想を振り撒く必要もない

媚を売る必要も

情熱を注ぐ必要も

好きな食べ物を知る必要も

過去のことも

将来の夢も

家族のことも

悩み事も

知る必要も知る意味もない

そして、買われる側の女は買う側の男以上にそう思っているだろう



はい、入れて出すだけの簡単なお仕事です



欲しいのは「金だけ」と

世界は実に美しい

君が言っていた通りの愛に満ちた世界だ

まさにその「美しい世界」というのはこの裏通りのことだ

世の中の縮図だ

愛の無い◯◯◯

国柄や民族や人種によって異なるはずの愛の表現

しかし、西洋のスタイル=ベーシック(基準)に成り下がった

進化ではなく紛れもない退化

異性混同型自由交遊

近代日本人の履き違えた自由文化

非処女による非処女の為の履き違えた自由

愛のないデートと愛のないs◯xははっきりいってほぼイコール

あまり違いのない恥じらいの無い勘違い文化

貞操観念を捨てました

別名「自由」


あいのりの見過ぎが本来のバックパッカーの質を落とし

ウジテレビの影響をもろに受けたシェアハウス信者達の群れが

ガイドブック片手に遺跡巡りという名のアウトドア出会い系スタンプラリーで自己表現する

なにより世界一周というブランドに弱い

結局ブランド好きはあの頃の消したい黒歴史の時代とたいして変わらず



「海外へ一人旅」をテーマに凡人が非凡ぶる

ファッション誌から旅ブログとガイドブックへ

風潮=流行

というか猿真似

カメラマンとスタッフに囲まれた海外ロケで非情ぶった台本通りの眉毛の繋がった女タレントが

履き違えた自由を全国ネットで貞操観念を捨てろと汚ねぇ言葉使いと大股開きでお茶の間のウケを狙う

それに影響を受けた元内気な女子視聴者が

退職届を提出しパスポートの申請

より危険でより遠く、より肌の黒い人種のいる国へ行くことがより旅の上級者だと思い込む

根本は合コンと何ら変わらない内容

欲を押さえ込んで過ごしたストレス社会と揶揄し

生まれ故郷(日本)を侮辱する反日勢力の一員となる

羽を伸ばすという欲望の解放

急速に加速する古き良き文化の崩壊

中身の無い女の口癖は

「押しに弱く断れない」

もう塞がることのないピアスの穴と心の穴と処女膜

溢れ出す感情というよりは
後戻りのできない後悔の涙

じいちゃんばあちゃんの教えを古い考えと一括りするという既に古い思考回路



結局は流行り廃りに踊らされてきた見も心も


平等、自由、ピース、動物愛護、ボランティアを崇拝する一種の宗教

「良いことをしています」

と公約通りの偽善者競争

猫を被った元性悪が良いことをしょうとするのにも頷ける

うんうん(゜ー゜)(。_。)

根本が民族の素性だとしたら
まるで根腐れを起こしたプラントの様だ

チャホヤだけが生き甲斐の増加する造花(フェイク)

価値観、考え方、向かう方向は違って当然の三つ子の魂

必然

違いを求めるてる筈が、同じを求めるという矛盾にすら気付かず

結局下ネタで異性の気を引く

ネット上

汚れのお笑いを演出することにより敵が敵を敵視しない

同情を狙いながらウケと異性の気を引く

一石二鳥

核心に図星というスリーポイントシュートを見事に決める

自称ジョーク好きが表面的な上っ面な笑い以外では笑えないという致命傷

ジョーカーによるジョーカーの為のジョークに絶句する

心からの笑顔と言いながら

営業スマイルを重んじカメラのデータは商業的笑顔で満載

無垢な子供の純心さをも自分のために悪用

充実をアピールするために必死に使う見栄の張り合いsns

愛を重んじてるフリをする為なら子供や障害者や動物すら利用する

自己陶酔する偽善者

成長というよりか

かつての背伸びする子供が子供ぶる大人へ化けだけ


化物に豹変しただけ


成長という良いフレーズで誤魔化している

ただそれだけ

ただそれだけ

ファッション

「常識に捕らわれるな」

とか

「自由な発想」

とやらを重んじているにも関わらず

なぜ??

人類の起源説

ダーウィニズムの進化論

ナチスホロコースト....

などの人工的にいくらでも作りあげれる「常識」を過信し微塵も疑わないのか???

天災に仕立て上げた人災と知ってか知らずか

十字架の前に非様付くまるで窮屈な奴隷


そこまで「自由な発想」と言うのならば

人類の起源説は、黒人奴隷迫害のせめてもの罪滅ぼしと否定をする

ダーウィニズムの進化論は、今西錦司の住み分け論で否定する

ナチスホロコーストは、戦勝国によるプロパガンダと否定をする

このようなに「疑う」という発想も自由なはずだよね

ダメなの??

いいよね??


だって自由なんでしょ??


メモ

flatter; fawn upon上司にこびるflatter the boss権力者にこびる

捏造する cook up stories 他動

fabricate(本当でないことを)
fake feign(口実などを)

自己カルマ分析

スペシャルやグッドこれらの表現全てを丸呑みにするのが

Ω(オーム)

om・nama・sivana

物事を白(good)と黒(bad)で括る息苦しさこそが


自分のカルマなんだなと改めて実感


毎日紫外線の弱い朝日を欲しがる

喉が渇けば煮沸してミネラルを飛ばしたプラスチックの水(ミネラルウォーター)ではなく

ハーフゲージ20の蜜柑で喉を潤す

ビタミンc.kその他諸々


全ての行いがカルマが導いているカタルシス(浄化)


こんな人に出会ったらこんな接し方をしよう

というような媚を売る計算ではなく

ダルマ(ぶれない)・プリ(世界)へのギフトは1gauge 40のパパイヤでありがとうを表現

これこそが特別視

ギブアンドテイク???


ヘドもでない程に嫌いな糞フレーズ

give and takeを否定する

「頂けるモノは頂きますが
見返りなど要りません」

「その代わり媚もしませんし
二度と会えないかもしれません」

このスタンスこそが特別視だと脳内ツイートが呟く

日常生活においてのカルマ

pm5~pm9
free meals for tourist

空腹に満ちた食卓で週三回のディナー



行きがcheatなら帰りもcheat

詐欺には詐欺

詐欺師を騙しタダ乗りする手こぎボート

±0で必死にバランスを保つというカルマ

まだまだ未知な自己のカルマ分析


















































けてな

さすたかろ

マンガ

さて


師走12月の8日は我々日本人にとって歴史的な日でした。

日付も9日に変わり

今日の始まり

昨日は風邪引きなのでホットレモンジンジャーを飲み

遠く離れた場所にいる友達とネットで久々のやり取り

Soundcloudのエレクトロスクラッチd-stylesのlow end theolyをBluetoothで聴きながら

独り言で綴る作文

ふと因果の流れを辿ってみたりたりもしてみたり

かとおもえば物事に意味なんてないなんて否定をしてみたり

時の流れを感じてみたり

己は生かされているのか
ただ漠然と生きているのか

いずれせよ授かり物の命なわけで

そろそろ寝よう

さ~これからです。


クリアランスセール(夏秋物半額)

西洋の文化や欧米人に色目を使ったり

過剰な憧れを抱いたりすることは

差別に等しい逆差別にあたります


媚びへつらいからの


魂の安売り


簡単に股を開いてからの

サムズダウンの始まり



この手のタイプは特に日本をはじめとする一部の亜細亜丸出しの女子に多い気がする


例えば

沖縄で米兵(外人)探し

欧米に行き宿代を身体で支払うカウチサーフィン

オージー辺りのワーホリで旅人気取って西洋かぶれする


まるでブランド品をひけらかすかのように



「えー英語話せないしー」と言いつつ.....所謂ビッチ

そこの君

お次は男子

西洋人の前だとシャイボーイならぬ

おどおどする

まるでシャイモンキーが多すぎて

この手のファッキンjapにたいしては正直

「鼻で笑ってしまう」

こんなこといってるとmumustylsは英語ができインターナショナルな人種です

斜めに構えカッコつけて必死にアピールしていると誤解されたくない

そもそもそういった類いの話ではないので



一言




本来の日本人のあるべき姿は

怯むことなく西洋と肩を並べ対等に接する


この精神こそが欧米列強と対等にやりあえた

かつての

強国日本を築き上げた由縁ではないでしょうか


1.対等に肩を並べる

2.怯むことなく

3.媚びへつらわず

4.色目を使わず己の意志

5.誇りをもつ

ことこそが

日本人の持つべき精神ではないでしょうか


f:id:mumustyls:20151106045123j:plain